岡本真夜 ≫詳細はこちら≪


岡本真夜  mayo
生誕 1974年1月9日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 高知県四万十市
職業 シンガーソングライター 作詞家 作曲家 編曲家 ピアニスト

 

高校卒業後、反対する祖父母を押し切り、家出同然でアーティストを目指して上京。
上京後当初はボイストレーニングやアルバイト等をしており、その頃(18歳)に作った曲が代表作でデビュー曲「TOMORROW」とC/W曲「BLUE STAR」だった。
事務所から、作詞・作曲を100曲出来たらデビューをさせると条件を出される。多少の作曲は遊び程度にはしていたが、本格的な知識も無い状態でもあり、生活費を必死にアルバイトで稼ぐ中、楽器も無い最悪の環境で彼女が思いついたのは鼻歌をカセットテープや自宅の留守番電話に録音する事だった。

結局、100曲には満たないものの40曲の作曲を成し遂げる。
「キャリアがある者が作れないような曲をあっさり出してくる。非常に幅の広い、しかも新鮮な曲です」と当時の岡本の音楽プロデューサーに言わしめた程。
この事により、彼女は作詞・作曲に徐々に自信を持てるようになる。デビューから5年目で初期の作品は未熟で恥ずかしい作品が多いとも語ってはいる(彼女を育て上げた祖父は2007年他界し、祖母は現在も高知で在住)。

1995年5月にシングル「TOMORROW」で徳間ジャパンからデビュー。
「TOMORROW」は、TBS系連続ドラマ『セカンド・チャンス』の主題歌に起用される。
また、その後オリコン集計の累計売上げが約177万枚まで伸び、出荷枚数は200万枚を突破する大ヒットを記録。
翌年、第68回選抜高等学校野球大会の入場行進曲となった。

 



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. クリエイブル 代表 瀬川秀樹さん

  2. 【応募終了】田村新吾著書「二宮尊徳と創造経営」

  3. 【応募終了】SEIGO NECKWEAR New York ネクタイ

  4. 日本で唯一の【ときめきの富士】の写真家 ロッキー田中さん

  5. 有限会社マイティーワン 代表取締役 宮内勝彦さん

  6. 【応募終了】GSブラックティ(加糖)とGSブラックティアールグレイ(加糖)セット

  7. 【応募終了】連続特A受賞の特別栽培米【七城のこめ】

  8. 【応募終了】レルヒさんカレー 3セット

  9. 【応募終了】長野県 信州鹿教湯温泉 「斎藤ホテル」ペア宿泊券

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。




ラジオを聴く


毎週日曜日20:00~20:55

公式Twitter

公式Facebook

法人のお客様はこちら

人気記事